大学開放実践センターとは

センターの写真

徳島大学 大学開放実践センターは、「開かれた大学」を推進するための学内共同教育研究施設として、1986年4月に設立され、1988年に専用施設が完成しました。

国立大学のこの種の機関としては4番目のもので、2016年には30周年を迎えました。

徳島市中心部の常三島キャンパスに位置し、教員研究室、講義室、多目的室、フィットネスコーナー/マラソンクリニック、会議室、センター長室、事務室、学習室等を備えています。専任教員は2名。活発な教育・研究活動が行われています。

詳しくは、下記の大学開放実践センター概要(2017)をご覧ください。

大学開放実践センター概要(2017)[PDF:1MB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る